読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童水泳教室で水慣れから始めよう♪

顔を水に付けられない娘ですが、近所の児童水泳教室で水慣れから始めてみます。

児童が通える水泳教室 って人気なんでしょうか?

スイミングスクールが開講されている時間帯は、学校の授業終了時間後の午後15時以降多いですよね。学年が上がると時間が遅くなったり、平日ではなく土曜、日曜に水泳教室を増設することもあるようです。

水泳のキックの練習はパパやママが一緒についてあげるとお子さんのやる気が違います。パパやママがお子さんの太ももの下に手を置いて、キックの時の水の抵抗を疑似体験させてあげるといいですね。お子さんは水を押すつもりで手をはじくようにキックするようにサポートなさってください。

賃貸住宅に住んでいるんですが、お部屋のレイアウトってなかなか難しいですよね。ウチはかなり特殊な間取りなので、面白がって遊びにくる友人もいるくらいなんです。子供の友達にもかなり好評です。

ところで、先日初めて知ったんですけど、水族館で愛らしい姿が人気のラッコの食費はメチャメチャ掛かるそうなんです。その理由はラッコの皮下脂肪はほとんどなくてアワビやウニ、ホタテなどの高カロリーな餌を食べないと生きていけないからなんですって。その金額は1頭あたり年間200〜500万円くらいするそうです。驚きですよね。

あぁ、話が支離滅裂になってきました(爆)

ところで、格安スマホでLINEの画像送受信ってどうやるんでしょうか。詳しい方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください!

今日はあなたの魅力が輝き対人運がグンと高まりそうですよ。いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

?[PR]