読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童水泳教室で水慣れから始めよう♪

顔を水に付けられない娘ですが、近所の児童水泳教室で水慣れから始めてみます。

横浜で児童が通える水泳教室 の話題を披露!

スイミングスクールではあまり指導されませんが、プールから上がった後に気をつけたいのがプールの塩素です。プールの水は衛生上の観点から水道水よりも塩素が強いです。スイミングスクールの練習の為にプールに入る頻度が高いということはお肌が弱いお子さんには大きなダメージになります。

スイミングスクールに通っていてもなかなか泳ぎが上手くならず、落ち込んでしまうお子さんもいらっしゃるかもしれません。そんなときはパパやママの笑顔が一番の特効薬になります。ご両親が怒った顔をしてしまうとお子さんが萎縮してしまい上達が止まってしまう可能性もありますので、水泳教室は楽しく!をモットーに応援してあげてくださいね。

シャンプーには、ちょっとしたこだわりがあります。絶対に爪を立てずに指の腹で地肌をマッサージするように洗ってます。シャンプーブラシは使いません!

ところで、先日初めて知ったんですけど、水族館で愛らしい姿が人気のラッコの食費はメチャメチャ掛かるそうなんです。その理由はラッコの皮下脂肪はほとんどなくてアワビやウニ、ホタテなどの高カロリーな餌を食べないと生きていけないからなんですって。その金額は1頭あたり年間200〜500万円くらいするそうです。驚きですよね。

ああ、書きたいことがいっぱいあって、つい話が脱線してしまいます。

ところで、チョコレートを焦がさずに上手く溶かす方法はありますか?詳しい方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください!

今日はどんなことにも「慌てず騒がず」の態度が功を奏す予感が。またいい情報があったらすぐにアップしますね♪

?[PR]