読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童水泳教室で水慣れから始めよう♪

顔を水に付けられない娘ですが、近所の児童水泳教室で水慣れから始めてみます。

深いプールが怖い子供 についてのウワサ。

スイミングスクールやプールで遊んだ後は目を洗うということが今までの常識でしたが、プール後は水道水で洗眼せず涙の成分に近い涙目薬を点眼するように指導するスクールもあるようです。その理由は水道水の塩素によってドライアイになってしまう可能性があるからだと言われています。

自宅のお風呂で楽しみながら水に慣れる方法は沢山あります。その一つがぶくぶくと鼻から息を吐きながら鼻までお湯に沈み、顔を上げるタイミングで「パッ」と残りの息を吐く方法です。パパやママが向かい合わせで一緒にやってみると、お子さんも面白がってやってくれると思います。

シャンプーには、ちょっとしたこだわりがあります。絶対に爪を立てずに指の腹で地肌をマッサージするように洗ってます。シャンプーブラシは使いません!

ところで、今までまったく知らなかったんですが、@の意味って本来は「〜あたり」という意味を示す簿記用語なんですって。それをメールアドレスで意味合いが似ているということで使われるようになったそうです。

まずい!話がちぐはぐになってきました。

ところで、心療内科って予約しないといけないんでしょうか?ふと思い出したら気になり始めてしまいました。

今日は穏やかな気持ちで幸せに過ごせそうですよ。いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

?[PR]