読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童水泳教室で水慣れから始めよう♪

顔を水に付けられない娘ですが、近所の児童水泳教室で水慣れから始めてみます。

子供を泳げるようにしたい に興味ありますか?

スイミングスクールの練習が終わったら、お肌の乾燥を防ぐために保湿化粧水やクリームでケアしてあげるといいですね。プールに通うと肌がとても乾燥するのでぜひ気をつけてください。また髪もパサパサになりがちなので、パパやママはプール後のヘアケアを忘れずに。

水が怖くて顔をつけられない、顔が濡れるのをとても嫌がるお子さんは無理をせず、家のお風呂から徐々に慣れていくといいでしょう。泳げないお子さんは水の中では呼吸ができないと思い込んでいて、それが恐怖心に繋がっていたりするのです。

あるアンケートでは、子供のころにもっとしっかり勉強しておけばよかった科目のトップは英語だそうです。これからの社会は英語が話せることがあたりまえになっていくんでしょうね。

話はコロッと変わりますが、お隣さんで猫の赤ちゃんが生まれました。子猫は生まれてから数日でお母さんネコの数あるおっぱいの中から自分専用の乳首を決めて、離乳するまでそのおっぱいから母乳を飲み続けるのだそうです。匂いで自分のおっぱいを区別しているので、お母さんネコをお風呂に入れて匂いを落としてしまうと乳首がわからなくなってしまうんですって。

ああ、書きたいことがいっぱいあって、つい話が脱線してしまいます。

ところで、スマホアプリでカウントダウンタイマーはどうやってセットするんでしょうか。詳しい方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください!

今日はあなたの魅力が輝き対人運がグンと高まりそうですよ。いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

?[PR]