読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童水泳教室で水慣れから始めよう♪

顔を水に付けられない娘ですが、近所の児童水泳教室で水慣れから始めてみます。

子供の泳ぎ方 に関するニュース。

プールで泳ぎの練習をしているときにかけてしまいがちな言葉が「ネガティブワード」です。例えば「ヒザが曲がってるよ」⇒「ヒザが伸びているほうがカッコイイよ!」と言い換えるだけでお子さんが受け取る印象は180度変わります。

スイミングスクールに通っていてもなかなか泳ぎが上手くならず、落ち込んでしまうお子さんもいらっしゃるかもしれません。そんなときはパパやママの笑顔が一番の特効薬になります。ご両親が怒った顔をしてしまうとお子さんが萎縮してしまい上達が止まってしまう可能性もありますので、水泳教室は楽しく!をモットーに応援してあげてくださいね。

最近気になってるんですけど、横浜駅西口にあるnino*nino(ニーノニーノ)は女性に人気のカフェ&ダイニングなんですよ。全席個室だから心おきなくおしゃべりを楽しめるし、新鮮な鎌倉野菜のチーズフォンデュは絶品なんですって。もちろん誕生日特典もあるのでお近くの方はぜひ行ってみてくださいね。

ところで、先日初めて知ったんですけど、水族館で愛らしい姿が人気のラッコの食費はメチャメチャ掛かるそうなんです。その理由はラッコの皮下脂肪はほとんどなくてアワビやウニ、ホタテなどの高カロリーな餌を食べないと生きていけないからなんですって。その金額は1頭あたり年間200〜500万円くらいするそうです。驚きですよね。

ああ、書きたいことがいっぱいあって、つい話が脱線してしまいます。

ところで、ホールトマト缶の内側の黒い斑点って何なのでしょうか?ふと思い出したら気になり始めてしまいました。

今日はやるべきことがハッキリしてきそうですよ。いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

?[PR]