読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童水泳教室で水慣れから始めよう♪

顔を水に付けられない娘ですが、近所の児童水泳教室で水慣れから始めてみます。

幼児に泳ぎを教える上手な方法 が職場で話題になっています。

スイミングスクールにお子さんを通わせるのに一番気になるのが、その費用ですよね。水泳教室に限ってことではありませんが、習い事は続けられるかどうかがすごく大事なので、通い続けるのが難しいほど高額なスクールはよく検討されたほうがいいかもしれません。

顔を水に付けるのと目を開けるのを練習するのにピッタリなのが「洗面器の底にあるものや数」を当てること。おはじき、ビー玉、石ころなど自宅にあり沈むものであればなんでもいいと思います。お子さんが目を閉じて水に顔をつけたらママやパパは「もういいよ!」と声をかけてあげてください。

最近気になってるんですけど、横浜駅西口にあるワインと創作イタリアンのお店・AMAOTOは、シックな店内を貸しきることもできるそうなんです。結婚式の二次会や歓送迎会などでも他の方に気をつかうことなく楽しめそうですよね。お料理は食材やテーマに合わせて相談できるそうです。

話はコロッと変わりますが、絵本でよく出てくるキツツキっていますよね。あのキツツキが木を叩く理由って知ってますか?あれは巣穴を作るためと縄張りを主張するためなんですって。ちなみにキツツキが穴をつついて食べているのはアリだそうですよ。

あ、この話題はどうでもいいですね。

ところで、【2ちゃんねる】に書き込んでもスルーされてしまうことってあるんでしょうか。詳しい方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください!

今日は階段の踊り場では、1回立ち止まってから、歩きだしてみてくださいね。いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

?[PR]