読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童水泳教室で水慣れから始めよう♪

顔を水に付けられない娘ですが、近所の児童水泳教室で水慣れから始めてみます。

東京で子供プールがある施設 が大変なことになっています。

プールで泳ぎの練習をしているときにかけてしまいがちな言葉が「ネガティブワード」です。例えば「ヒザが曲がってるよ」⇒「ヒザが伸びているほうがカッコイイよ!」と言い換えるだけでお子さんが受け取る印象は180度変わります。

水泳のキックの練習はパパやママが一緒についてあげるとお子さんのやる気が違います。パパやママがお子さんの太ももの下に手を置いて、キックの時の水の抵抗を疑似体験させてあげるといいですね。お子さんは水を押すつもりで手をはじくようにキックするようにサポートなさってください。

最近肌年齢が上がってしまったかもと思ったことがあります。ファンデーションが目元と口元にたまっていたのを発見してしまったからなんです。

ところで、今までまったく知らなかったんですが、人が強烈な恐怖感を感じたときにおこる「顔が青ざめる」という反応には、体中の毛細血管を収縮させ、敵に傷つけられたときの出血を出来るだけ抑えようとする防衛反応があるためと言われているそうです。

あれ、伝えたい話からずれてますね。

節約したい人が節約雑誌を買うのはなぜなんでしょうか?今友人と話題になっているんですよね。

今日は周囲には老若男女を問わずにたくさんの人々が集まってきそうですよ。あなたに良きことが雪崩のように起きますように。

?[PR]