読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童水泳教室で水慣れから始めよう♪

顔を水に付けられない娘ですが、近所の児童水泳教室で水慣れから始めてみます。

子供が通えるスイミングスクール をしようと思ったらチェックしておきたいコレ。

スイミングスクールではビート板を使って練習することが多いと思いますが、コーチによってはビート板を使わずに練習したほうがいいという指導法もあるようです。ビート板は水中の推進力を身につけるのに役立ちますが、よくない息継ぎのクセがついてしまう可能性があるそうなんですよ。

水の中で息ができないと思い込み、プールやお風呂で顔をつけられないお子さんには「息は吐くことに集中すれば自然を吸う動作に繋がる」ということを、楽しみながら教えてあげてください。「パッ」と口から息を吐くことで、水中でも呼吸が軽くできることがわかれば、顔に水をつけても大丈夫!という自信につながります。

私はマンガが大好きなんですが、今年流行るマンガは、きっと男性の作家が描く、少年向けのマンガなんじゃないかなと思うんです。ワンピースなどは、その典型的な例ですよね。

話はコロッと変わりますが、先日旦那が釣りに出かけてイカを釣って帰ってきました。ちなみにイカには足はなく、あれは全て「腕」なんですって。数え方も背中にある腕から「第一腕、第二腕、…」と数えるそうですよ。

あれ、私の悪いクセで、どんどん話がフェードアウトしてしまってますね(爆)

ところで、フルーツポンチの中に入っている赤い果物ってなんでしょうか。職場で今話題になってるんですよね。

今日は階段の踊り場では、1回立ち止まってから、歩きだしてみてくださいね。いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

?[PR]