児童水泳教室で水慣れから始めよう♪

顔を水に付けられない娘ですが、近所の児童水泳教室で水慣れから始めてみます。

深いプールが怖い子供 に注目しています。

スイミングスクールでたっぷり泳いだ後は水分補給をしてあげてください。他のスポーツ同様、泳ぐということはとてもエネルギーを使います。練習前、練習後にパパやママが気遣ってあげてくださいね。

顔を水に付けるのと目を開けるのを練習するのにピッタリなのが「洗面器の底にあるものや数」を当てること。おはじき、ビー玉、石ころなど自宅にあり沈むものであればなんでもいいと思います。お子さんが目を閉じて水に顔をつけたらママやパパは「もういいよ!」と声をかけてあげてください。

そういえば、新宿駅からすぐの場所にある、くしあげ処・串いちはすぐそばが繁華街とは思えないくらいに落ち着いた大人の雰囲気が人気ですよね。串揚げって油っぽいイメージがありますが串いちの串揚げは上質の生パン粉を使って揚げているので胃にもたれにくいようですよ。

ところで、先日初めて知ったんですけど、水族館で愛らしい姿が人気のラッコの食費はメチャメチャ掛かるそうなんです。その理由はラッコの皮下脂肪はほとんどなくてアワビやウニ、ホタテなどの高カロリーな餌を食べないと生きていけないからなんですって。その金額は1頭あたり年間200〜500万円くらいするそうです。驚きですよね。

あれ、『何が言いたいのかわかんない!』といわれてしまいそうです。。

ところで、おすすめのクレジットカードは何があるんでしょうか?詳しい方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください!

今日は穏やかな気持ちで幸せに過ごせそうですよ。いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

?[PR]